これから益々需要拡大が予想される在宅介護ボランティア

これから益々需要拡大が予想される在宅介護ボランティア

これから益々需要拡大が予想される在宅介護ボランティア

日本もいよいよ高齢化社会に突入し、福祉の重要性が益々高まりをみせています。お年寄りが増えることにより、またビジネスの都市への集中化が進んでいるため、お年寄りだけの世帯が急激に増え、身体の不自由な方の面倒を看る人が全く足りない状況です。

それに伴い社会制度的にも、整備が進み、在宅介護をボランティアで行うというサービスが増えてきています。但し、多くの在宅介護はNPO法人などに登録されている「ホームヘルパー」という有資格者で、一定の「介護料」が必要なため、有償ボランティアと言うことが出来ると思います。

ホームヘルパーは、一定の講習と実技を受講すると資格が与えられますが、お年寄りの急増にヘルパーの数が追いついていないのが現状で、下記のように在宅介護ボランティアの募集を行っている自治体やNPO法人は多いです。

在宅介護は大変きつい仕事と聞いていますので、本来であれば使命感あふれる若者に任せたいところですが、ボランティアとは言ってもそれで生活していく必要のある人にとってはまだまだ十分な報酬とは言えない状況のようです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional